archives aadc展

aadc展2014

■■専用トートバッグ展+クリエイターの仕事展

冬本番を目前に控え、厳しい寒さを迎える前に今年度のaadc展のご報告をしようと思います。
Tシャツ展も3年続けて、今年の展示会の時期が初冬ということもありまして、何か別の媒体で作品展を行うことができないかということで考えついたのが「トートバッグ」。
トートの用途を限定し、その限定された用途に合わせてデザインすることで、Tシャツとはまた違った「移動する広告」が出来上がります。テーマはあえて決めてしまわずに、各々で用途を設定しました。その用途も様々で、「やきいも専用」、「家電専用」、「最高の昼休み専用」、「勝ち鬨専用」とユニークな用途が目白押しな作品で会場が埋まり、ご来場の方々にも楽しんでいただけたのではないかと思います。また、今回トートへの印刷は布地に直接インクを吹きかけるという、Tシャツ展で使用された方法とは別の印刷技術で臨み、今後の活動に幅を持たせることができると手応えを感じました。
aadc展2014。前年までの経験を元に新たな挑戦を致しました。今回得たものを次の活動にも活かし会員一同全力で取り組む次第です。(aadc展事業部 外崎)

「つながり」をテーマしたサロン及び懇親会

11月1日(土)、aadc展2014に併せて「つながり」と題したトークイベントを開催しました。
ゲストとして、ゲンママコトさん(カギカッコ代表)、ホスト役として、尾崎満範さん(デザインスタジオ・オザキ代表)の進行で、グラフィックデザイナー、アートディレクターという立場から、さまざまな作品を手掛けるゲンマさんの仕事につなげるきっかけついて、普段はなかなか聞けないような、興味深いお話をしていただきました。
また、イベント後には「懇親会」も開催。食事や会話を通して、クリエイターとの距離が縮まる貴重な親睦の場となりました。

archivesトップへ////